2007年 10月 04日 ( 1 )

ひさびさに

本屋に行ったら新刊がいろいろ出てて、思わず散財。
一押しは、藤田和日朗の『黒博物館スプリンガルド』
ロンドンの街に出没した怪人『バネ男』とそれを追いかける巡査の伝奇ホラー活劇です。
にしても、学芸員さんが可愛すぎる。今年の萌えMVPに食い込むこと間違いなし!

自分は小学校の頃、拾ったサンデーで藤田先生の『うしおととら』にはまって以来、
どんなに周りがドラゴンボールでも、うしとらの新刊を買っていました。
こんなにバトル、泣き、萌えが三拍子そろった漫画もそうそうないと思います。
自分の中の少年活劇漫画のすべてといっても過言ではありません。未読のひとは是非読みましょう。

一つ前の『邪眼は月輪に飛ぶ』も最高に良いのでお薦め!
[PR]
by spgonta | 2007-10-04 01:17